谷敦志在廊情報他

谷敦志個展「天使の標本箱」の作家在廊情報です。

会期初日の2/7から11日(祭日)まで、谷敦志が個展会場に在廊することになりました。

谷は普段、大阪在住なので、東京近郊にお住まいの皆さまと交流できる貴重な機会を本人も楽しみにしております。

是非お誘い合わせの上、ご来場ください。


本日発売のトーキングヘッズ叢書 THシリーズ No.57「和風ルネサンス=日本当世浮世絵巻」に谷敦志の個展開催直前インタビューが掲載されています。
谷敦志が今回の作品制作の背景などについても語っていますので、機会がありましたらご覧いただければ幸いです。




<谷敦志個展 天使の標本箱>2014/2/7(金)〜2/16(日)

13:0019:00

渋谷ポスターハリスギャラリー

TEL : 03-5456-7218

http://posterharis.com/access.html

 

企画制作:Produce Unit SELECT

最新情報 http://www.please-select.me/blog/

公式サイト http://www.please-select.me/index.html



<谷敦志 プロフィール>

生まれも育ちも大阪。

1992年頃より写真作品の発表を始め、以降、国内外でのグループ展及び個展でコンスタントに作品を発表。
2000
年頃からは作品が『BURST』『DUNE』『夜想』『トーキングヘッズ叢書』などの雑誌に次々に掲載され、そのフェティッシュ&アヴァンギャルドなテイストの作品群がゴシック/アンダーグラウンドアートファンを中心に支持され、ファン層を拡大。
2008
年にはフランス語圏内で絶大なる人気を誇るアーティスト、ミレーヌ・ファルメールからのオファーにより、アルバム『PointdeSuture』のジャケット、 ブックレットの撮影を担当し、話題となる。

現在は東京と神戸を舞台に、個展での作品発表を中心に活動している。

11月からはパリのエロティシズム美術館で半年に渡る個展を開催し、写真の領域に収まり切らないビジュアル・アーティストとしての才能を遺憾なく発揮する。

2013年には初の写真集となる「アンビバレンス」がアトリエサードから出版され、好評を博した。

ほかに表紙など書籍のためのビジュアル制作、演劇、舞台、ミュージカルの宣伝写真を多数手掛ける。


taniv_600.jpg