2011年9月アーカイブ

大阪でのグループ展最新情報!

いよいよ来週末からスタートするProduce Unit SELECT初の大阪でのグループ展の現時点での最新情報をお伝えします。


まず森馨はオブジェタイプの作品2点を出展。美しくも凄みのある造形と森馨の持ち味である「エロ可哀そう」なテイストがマッチした作品たちです。ここしばらくは東京での個展が多かった谷敦志は、大阪では未公開の近作群からのベストセレクション展示となります。今年2月の「男のポートレート」、8月の「ポップでフェティッシュな日々が今日もダラダラ続く!」と意欲的な展示を精力的に行っている谷敦志の現在進行形を大阪で見ることのでできる貴重なチャンスです。

ねこぢるy(山野一)は画家としては大阪初上陸。東京での山野一とねこぢるy"個"展「失地への帰還」も大好評で大部分の作品が売約済みとなりましたが、今回のグループ展では大震災直前に描かれた「ひょうたん」などの旧作に加えてキャンバス+アクリル絵具、ペン画による初公開の作品数点も展示予定です。

山口椿は布絵春画、直筆の彩色を施した長襦袢などに加えて、昨年出版された「おとなの国語」の生原稿+それにまつわる描き下ろし作品などを展示予定。   

東京でも開催は難しいこの豪華メンバーによるグループ展、関西周辺にお住まいの方には是非ご覧いただきたいと思っています。

<さまざまなフェティッシュ~アンダーグラ ウンドアート4人展~>
■参加作家
森馨 谷敦志 ねこぢるy(山野一) 山口椿
■日程
10/8(土)~10/14(金) 期間中無休
12時~19 (最終日は17時まで)
※入場無料
■会場
ギャラリー&ブックスエッジ
大阪市北区西天満 4丁目 8-5 衣笠ビル2F
tel/fax 06-7503-4275
http://edge-web.net/

 

oosaka.jpg


関連イベント

10/8(土):山野一(=ねこぢるy)ワンナイトトーク!

日本のサブカル黄金時代の中心的プレイヤーであり、今も熱狂的なファンを持つ山野一(=ね こぢるy)のトークショー。

特殊漫画家としてのデビューから「もう一人のねこぢる」としての超多忙な日々。

そして沈黙から画家としての活動再開までの心象風景と現在の日常について語ります。

1部:19:30オープン 20:00スタート

2部:21:45 オープン 22:00スタート

各回とも入場料金=3,000円(1drink付き)

10/9(日): 江戸デカダンスのdeepな夜

江戸とヨーロッパのデカダンスを体現し、エロティックな小説、絵画で知られるアングラ界の 「絶滅危惧種」山口椿が、最近、特に意欲的に取り組んでいる女体へのボディ・ペインティングを披露します。

写真家の谷敦志、愛弟子の人形作家、森馨をゲストに迎えてのミニトークタイムもあります。

1部:19:30オープン 20:00スタート

2部:21:45 オープン 22:00スタート

各回とも入場料金=3,000円(1drink付き)

■イベント会場(両日とも):

salon 夕顔楼

大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2

http://www.universe-misono.co.jp/map.html

予約ご希望の方は人数、希望日、第1/2部のどちらをご希望かを明記の 上、下記アドレスまでお申し込みください。

mamiya@yuugao.office.to  

『タカハシの結婚』詳細情報!

ポップでシュール!
注目のニューカマーによるアニマルフィギュアのヒューマンストーリー。
『タカハシの結婚』
LOGOS GALLERY (渋谷パルコ パート1 / B1)にて開催決定!                    
kekkon_02_image.jpg

タカハシカオリは今年28歳のフィギュア作家で、メインシリーズとなる「アニマルシリーズ」では動物や魚の頭部と人間の身体からなるフィギュアのポップでシュールなテイストと、それらのフィギュアが織りなすどこかノスタルジックな人間ドラマが幅広い層からの支持を得ています。

20107月に開催された『タカハシカオリ展~ミゾグチ、17歳の恋~』は産経新聞、日本テレビ「スッキリ!!」などのメディアで取り上げられ、会場は多くの来場者で賑わいました。

また、同年10月にリリースされた「まわせ大きな地球儀/ Chage」のPVにはタカハシカオリのフィギュア作品が全面的に採用され大きな反響を得るなど、次世代のフィギュア・アーティスト/ビジュアル・クリエイターとして注目を集めています。

真摯な友情、変わらない親子の情愛、不器用で切ない愛...といった人と人との間に通い合う暖かい情感を作品のバックグラウンドとしてきたタカハシカオリの作品は今の世の中にこそ必要とされ、共感を持って迎え入れられるものではないでしょうか。


<『タカハシの結婚』開催概要>
LOGOS GALLERY ロゴスギャラリー(渋谷パルコ パート1 / B1)にて
2011/9/22(木)~10/3(月) ※会期中無休
10:00~21:00 ※最終日は18:00にて終了
入場無料

◎期間中の開催イベントなど
■9/22(木)18:00~ 
オープニング・レセプション
■9/26(月)19:00~ 
タカハシカオリSpecial talk(ゲスト:立川直樹)
アート/エンターテイメント界の数々の才能を世に出してきた名プロデューサー、 立川直樹とタカハシカオリのスペシャルライブトーク。
2年前の衝撃の出会いから今日までタカハシカオリの成長を見守ってきた立川氏によるタカハシ作品解説とタカハシカオリの"天然トーク"をお楽しみくださ い。
■10/1(土)、10/2(日) 13:00~
オリジナルフィギュア受注相談会(各日とも先着5名限定)
タカハシカオリがあなたをモデルにオリジナルフィギュアを作ります!
もちろん顔は何かの動物になります。
ご自分のフィギュアを作りたい方とタカハシカオリが直接お話ししながら、どんな動物がイメージに合うかを一緒に決めていきます。
制作費用は1体あたり4万円~7万円(受注相談後に確定)。納期は2~3ヶ月後となります。
■その他、会期中は会場内特設ブースにて、タカハシカオリによるフィギュアと写真の制作/撮影実演を随時行い、来場のお客様とのコミュニケーションを図っ てまいります。

<作家本人が語る「タカハシの結婚」について> タカハシカオリ
「タカハシの結婚」は2007年から始まったアニマルシリーズの第7弾。
至って平々凡々ではあるけれど、一人息子として両親の愛情を一身に受けて育ち、そしていつも友だちには恵まれてきた主人公、タカハシケン(ブルドッグ)だ が、残念ながら女運があまりよろしくない。
大学生になって初めてできた彼女・ユリエは、「男は金と包容力」と言い切るしたたかな女。そんな彼女と2年も続いたのは奇跡に近い、彼の中ではもはや都市 伝説に属する出来事だ。そして念願叶い勤め人となった後、女子高生・マキちゃんからのアプローチを受けて舞い上がったのもつかの間、「やっぱり付き合えな い!」とふられるというテイタラク...。
しかし、そんなタカハシケンについに運命のお相手、タマキさんが現れた!
人とのつながりの大切さを改めて強く感じずにはいられなくなったタカハシ。
愛する人と互いの存在を確かめ合い、周囲の人たちとも新たな関係を築き上げる時が来た。
ロマンチック、そんなものはなくてもいい!いや、あってもいいけど。
果たして、タカハシとタマキさんが迎える結婚とは!?

<タカハシカオリ Profile

1983年、東京都生まれ。
2006
年、武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科卒業。
以降、フィギュア作家のデハラユキノリ氏のアシスタントを務めながら個展を中心に作品を発表。

2008、フィギュア作品集「ボクノトモダチ―KOENJI ANIMAL STREET」を出版。

2010年より「日経ビジネス アソシエ(日経BP社刊)」表紙のフィギュア制作を担当。
2010
10月発売の「まわせ大きな地球儀/Chage」のミュージックビデオに作品提供。
http://www.youtube.com/watch?v=sMhtyyyMPp8

タカハシカオリ公式サイト

http://www.takahashikaori.net/

<彼の背中からはブルースが...> yukaD(ex. ostooandell)
「タカハシの結婚」ってなんだろう。タカハシってだれだろう?
そのタカハシの正体は、体は人間だけどブルドックの顔 をしたかっこいいフィギュアでした。
精巧に作られたタカハシケン君は、見ているうちにフィギュアという意識がどこかに行って、同じ目線で話をしている気持ちになるような、不思議なフィギュア でした。
彼の背中からはブルースがにじみでているようにも見えました。
今回タカハシ君がご結婚されるという事で、音楽を作らせてもらいました。
タカハシ君の事を考えながら歌詞を書き、仲間たちがゆれて踊っているのをイメージしながら音をつけました。
みんなが喜んでくれるといいな。
結婚おめでとう。

<小さな巨人のメジャーデビュー展> 立川直樹(プロデューサー)
動物や魚の頭部が人間の身体と合体しているタカハシカオリの作品を初めて見た時、僕はただならない気持になった。と同時にこの素晴しくシュールで、どこか ノスタルジックな味わいもある作品をどんな言葉を使って説明すればいいのか途方にくれてしまった。
そして思ったのだ。これはもう見てもらうしかない。
ただの思いつきでなく精巧なディテールと、ひとつづつの作品が発するオーラ。その作品を直(じか)に目にした人はみんなタカハシカオリが仕掛けた罠には まってしまった。
すぐにエージェントを務めようと考えた僕はこれからその作品群が日本は勿論のこと世界に出ていくことを確信しているが、今回のPARCOにおける展覧会 は、確実にその第一歩となるだろう。
作品を手に入れた中国人が天安門で、アメリカ人がタイムズスクエアで、フランス人がエッフェル塔の下で、タカハシカオリのフィギュアとうれしそうに写真を 撮っている姿が目に浮かぶ。
新しいポップスターが誕生する。

<立川直樹(たちかわなおき)Profile>
60年代後半からメディアの交流をテーマにプロデューサー/ディレクターとして音楽、映画、美術、舞台など幅広いジャンルで活躍。
音楽評論家としてのライナーノーツ執筆、雑誌上での評論活動及び書籍出版から始まり、ピエール・バルー、梓みちよ、渡辺貞夫、久石譲、谷村新司、舘ひろ し、織田裕二、伊丹十三、候孝賢、チャン・イーモウ、横尾忠則、篠山紀信、和田誠、喜多郎、中村勘三郎、美空ひばり(メモリアル・ イベント)といった幅広いジャンルのアーティスト/クリエイターのアルバム、映像作品、コンサート、映画音楽、展覧会、公演、イベントのプロデュースと ディレクションを手掛ける。
「KPOキリンプラザ大阪」を中心に展開されたキリンビールの芸術文化活動では、H・アール・カオス、犬童一心、石橋義正、岩崎永人、ヤノベケンジ、束芋 などの新しい才能を発掘した。

山野一とねこぢるy"個"展「失地への帰還」連動トークショーの内、根本敬先生をゲストにお迎えして開催する「ねこぢるyの日」は定員に達しましたので予約受け付けを締め切らせていただきます。
9/18(日)の「山野一の日」はまだ空席がございますので、是非、お早目にお申し込みください!

◎トークショー「山野一の日」
2011/9/18(日) 19:15開場 19:45開演 入場料金:2,500円(1drink付) ゲスト:森馨 (人形作家)
長年に渡る山野一作品のファンで、"エロ可哀そう"という独特のテイストの人形制作で各方面から注目されている森馨 が、発表から10年以上を経て今なお色褪せない山野作品の狂気、シュール、笑い...について、また、山野一名義での今後の作家活動について聞きます。

トークショー「ねこぢるyの日」
2011/9/23(祭) 19:15開場 19:45開演  Sold Out!

会場は展示会場と同じポスターハリスギャラリーです。 予約ご希望の方はメールタイトルに「18日の山野一の日トークショー予約希望」として、ご希望の人数、代表者のお名前と連絡可能な電話番号を info@posterharis.comまでメールにてお知らせください。
予約はお電 話:03-5456-7218(ポスターハリスギャラリー)でも受け付けます。 先着35名様で受付を締め切らせていただきます。

<山野一とねこぢるy"個"展「失地への帰還」>
2011 年9月17日(土)~9月26日(月)
13:00~19:00
渋谷ポ スターハリスギャラリーにて
東京都渋谷区道玄坂2丁目26番18号 朝香ビル103号
TEL : 03-5456-7218 FAX : 03-3463-2992
企画制作:Produce Unit SELECT
お問い合わせ=E-mail:hello@please- select.me 
先頃お知らせした山野一とねこぢるy"個"展「失地への帰還」連動トークショー「山野一の日」に続いて「ねこぢるyの日」の詳細が決定しましたので、予約受付を開始いたします。
「ねこぢるyの日」のゲストはなんとあの根本敬先生。
このお二人のライブトークはめちゃめちゃレアです。
是非、お早目のご予約を!

◎トークショー「山野一の日」
2011/9/18(日) 19:15開場 19:45開演 入場料金:2,500円(1drink付) ゲスト:森馨 (人形作家)
長年に渡る山野一作品のファンで、"エロ可哀そう"という独特のテイストの人形制作で各方面から注目されている森馨が、発表から10年以上を経て今なお色褪せない山野作品の狂気、シュール、笑い...について、また、山野一名義での今後の作家活動について聞きます。

◎トークショー「ねこぢるyの日」
2011/9/23(祭) 19:15開場 19:45開演
入場料金:2,500円(1drink付) ゲスト: 根本敬(漫画家)
山野一が「師匠」と敬愛する漫画家で、ねこぢる、山野一、ねこぢるyについて多くの文章を発表している根本敬氏をゲストに迎えての対談を行います。

 いずれのトークショーも会場は展示会場と同じポスターハリスギャラリーです。 予約ご希望の方はメールタイトルに「山野一の日トークショー予約希望」または「ねこぢるyの日トークショー予約希望」として、ご希望の人数、代表者のお名前と連絡可能な電話番号を info@posterharis.comまでメールにてお知らせください。
予約はお電話:03-5456-7218(ポスターハリスギャラリー)でも受け付けます。 各日とも先着35名様で受付を締め切らせていただきます。

<山野一とねこぢるy"個"展「失地への帰還」>
2011 年9月17日(土)~9月26日(月)
13:00~19:00
渋谷ポ スターハリスギャラリーにて
東京都渋谷区道玄坂2丁目26番18号 朝香ビル103号
TEL : 03-5456-7218 FAX : 03-3463-2992
企画制作:Produce Unit SELECT
お問い合わせ=E-mail:hello@please- select.me 

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261